同じ空を眺めながら・・・2008年07月

同じ空を眺めながら 話がしたい・・・と思ったのです。 あなたの窓からも、この空が見えていますように・・・
2008/07/14(月)
はいっ・・・こんな押し迫ったとんでもない時に
ヨンハに逢いに新潟まで行ってきてしまいました。

だって・・・ずっと待っていたのです。
ヨンハが兵役免除になって大変だったことや
その後、ドラマが当たってようやく歩き出したこと・・・
その間ずっと待っていたのです。
だから、待ちに待ったこの日だったのです。。。

ちょっと、ここでマジで語るにはドン引きかな??。


P1100975.jpg


P1100976.jpg


P1100978.jpg


日本中が真夏日になった暑い暑い日曜日。

新潟の空も青い高い空・・・
「りゅうとぴあ」と言う、立派な施設でした。


P1100988.jpg


P1100990.jpg


会場で貰ったチラシです。
昨日あってきたヨンハは、オデコヨンハでした。。。

内容は・・・まあいいですね。。。
とてもフレンドリーで、ラブリーなヨンハでした。

最後に握手してお話をしてきました。
何とか覚えて緊張しながら言った言葉は
「マニ ポゴシポッソヨ!」
(とても逢いたかったです)

ハハハッ・・・笑っていいよん


P1100984.jpg


お土産に駅で買ってきた「笹団子」はふるさとの味です。
子供の頃、よく食べたなぁ???。

実はだんなには内緒で行って来たのです・・・言わないでね???





あ・・・そうそう・・・最後になってしまいましたが、(と言ってオマケじゃないのよ)
出かける前に、これ・・・仕込んでいきました。

P1100967.jpg


kazahanaさんにいただいた「ヤマモモ」←冷凍したのよん。
リカーに漬けて果実酒にしました。

P1100971.jpg


ありがとごじゃいました?







2008/07/08(火)
岩手宮城内陸地震と洞爺湖サミットで
すっかり報道されなくなってしまった四川大地震ですが、
相変わらず 現地では大変な状況が続いています。

沢山の人々が、家や家族を失い絶望的な生活をしています。

来週の月曜日には、我等がJAYWALKもそのチャリティーのコンサートに出演します。
その日にも出演されますが、
ジャッキーチェン氏がとても精力的に活動されています。


img5474a608zikazj.jpg


SMILE AGAIN


これは韓国で彼が呼びかけたもの。
韓国の有名な歌手や俳優さんが多数参加して、一つの歌を8小節ずつ歌っています。

SMILE AGAIN

歌っているのは、韓国通の方ならよく知ってる方ばかりです。
良かったら聞いてみてください。(上のタイトルをクリック)

「WE ARE THE WORLD」を思い出しますね。

所々にはさまる現地の映像が、涙をさそいます、
ちなみにソロパートの三人目は愛するヨンハ君です。
スケートのキム・ユナさんも居ますね。

なかなか良い曲です。日本では手に入るか解らないけど、
このところ私のパソではこれがエンドレスです。

14日の東京フォーラムでは歌われるでしょうか?
私、出来ることなら、30日のJAYのイベントよりもこちらに行きたかったです。
結局仕事でどちらも行けないのですが…。

JAYがこのイベントに関わってくれている事が嬉しいです。
このことについての韓国の記事があったので載せておきます。


********************************************************


2008年5月中国で総400万人以上の被害者を発生させた四川省地震で
一日で家族と生活の基盤希望までなくした災害被害者らを助けるために企画された
‘アイラブ アジア’(I Love Asia)プロジェクトが7月1日,オンラインを通じて,いよいよ公開された。

去る5月末1次録音以後,スターらの参加殺到で
6月初めに2次録音まで進行された 'アイラブ アジア' プロジェクトは
世界的なアクションスタージャッキー・チェンの提案で
単純に中華圏だけでなくアジア芸能界全体が一つになって,
人間に対する愛を実践しようという意志で企画されたし,
韓国映画界と音楽界の巨匠のカン・チェギュ-パク・チニョンが
各々韓国総括プロデューサーと音楽総括プロデューシングを引き受けて,話題を集めた。


'アイラブ アジア' プロジェクトの核心の‘スマイル アゲイン’(Smile Again)は
中国,四川省とミャンマーなどアジア地域で発生した自然災害被害者のために
今回のプロジェクトの音楽プロデューシングを引き受けたパク・チニョンが作った曲で
一日で全てのものを失って絶望に陥ってしまった災害者らに
‘現実の逆境を共に勝ち抜いてまた笑おう(Smile Again)’は希望のメッセージを含んでいる。

'スマイルアジア'にはジャッキー・チェンをはじめとして,
パク・チニョン,チョ・ソンモ,ホラン,アレックス,パク・ヨンハ,プラウナイドゥゴルス,カン・ミニョン,ファン・ジョンミン,チェヨン,キム・ドンワン,キム・アジュン,シン・ヘソン,ソン・ホヨン,キム・テヒ,ハン・ヘジン,チョン・ヘビン,イム・ジョンヒ,フィソン,ワンダーガールズ,チャン・ナラ,キム・ヨンア,ホン・ロッキ,ク・ジュンニョプ,ユ・スンホ,ハン・ジヘ,ハンヨン,バトル,JOO,ペ・スルギ,イ・ジョンヒョンなどの
色々な分野で活動して韓流と韓国文化を先導するアーティストらが
一つの心で参加して,意味を加えた。

また参加アーティストらの録音場面と
被害者らの胸が痛い状況を
暖かい映像で表わしたチャン・ジェヒョク監督のミュージックビデオは
希望のメッセージをより一層胸ジーンとするように伝える。

今回のプロジェクト関係者は
“アジア地域自然災害被害者を助けるために一つになった気持ちで
I Love Asiaプロジェクトに参加して下さった多くの方々に,感謝申し上げて
今回の公開された音楽とミュージックビデオ他
カン・チェギュ監督が進行するドキュメンタリー形態のメーキング フィルムは
現在仕上げ作業中だ”として
“私たちの小さいけれど大切な努力が集まって,
難しい状況を体験しておられた方々に大きい力になって希望になるだろうと信じる”と伝えた。

このプロジェクトは
デジタル音源,DVD,メーキング フィルム,中国現地公演などの活動を通じて,
ある/中/日などアジア全域に知られる予定であり,
プロジェクトを通じて得られるすべての収益は
全額中国,ミャンマーなどアジア地域自然災害被害者らに伝えられる予定だ。



********************************************************

翻訳文なので、わかりにくい文でごめんなさい。


一日も早い復興を…
そして、尊い命に、合掌…。








2008/07/03(木)
蛍・・・そう言うと儚げで危げで切ない感じがするこの昆虫
Figher Fly・・・英語でそう呼ぶと、なにか強い命の力を感じるような気がするのは何故だろう。

昼食を取りながら、同僚と「蛍」の話をしていました。
埼玉西部の山では今が最盛期で、もうここ1週間で終わりだな・・・と。

私はこの歳になるまで蛍というのを見たことがありません。
(かすか??な記憶ともつかないものはある・・・)

で、詳しい場所を聞くとその同僚のお宅の真ん前の川だとのこと。
早速出かけてきました。

夫を誘ったのですが、忙しくて帰れず・・・
kazahanaさんにお付き合いいただきました。
でも、良かった・・・
真っ暗な闇の中、とっても一人じゃ出かけられませんでしたから。

我が家から30分の勤務先。
そこから更に30分以上も山の中に入って行った所。
メチャクチャ穴場です。
(行きたい方、こっそり教えてあげますよ?!)
でも、秘密にしておきたい場所。。。



国道から脇道に逸れて、小さな流れに沿って山を登って行きます。
人家がまばらになってきた頃
目の前をふわりと黄緑色の小さな光が・・・

歓声ともため息とも言えぬ声が、思わず漏れました・・・。

少しずつ少しずつ遡って行って
最後に着いた場所は、多い時で50?60匹も蛍が乱舞すると言う場所。

さだまさしの詩に
「降りしきる雪のような 蛍 蛍 蛍・・・」
と言うのがあります。
そこまではいかなかったけど
舞い落ちる風花のような・・・って感じかな・・・


a-P1100819.jpg


a-P1100828.jpg


a-P1100840.jpg


シャッターを全開にして写真を撮ってみましたが
80枚近く撮って、やっとこれだけ写っていました。

難しいものですね。

でも、それ以上にいっぱい心のシャッターを押して
瞼の裏に焼き付けて来ました。

なんだかすっごい田舎の職場に来ちゃったな・・・
と、後悔することも無くはないのですが
少しだけそう思ったことをすまなく思ったひと時でした。。。(笑)
2008/07/02(水)
先週の土曜日になりますが、
JAYWALKのコンサートに行く前、
杏さんと待ち合わせて、根津の古着屋さんに行ってきました。

a-P1100804.jpg


場所は根津神社の鳥居の正面。
「きなこ」というお店。

断りなしにリンクするわけに行かないので
気になる方は検索してみてね。

地下鉄南北線を「根津」で降りて、
東大の煉瓦塀に沿ってのんびりと歩いていきました。

a-P1100795.jpg


a-P1100796.jpg


この辺りとか、本郷とか、東大の周りは今も古き良き東京の時間が流れていますね。

a-P1100802.jpg


a-P1100800.jpg


私は昭和30年代生まれとは言っても
郊外の団地っ子ですから
生まれた時からコンクリートジャングル。

こう言うノスタルジックな東京は知らないのです。

でも、小さい頃父につれて来られた神田の古本屋街とか
早稲田の洋食屋とかの思い出が
少しだけ蘇ってきます。

この近くには「きなこ」に限らず、古着屋さんがたくさんあるようです。
小さな店内で、あーでもないこーでもないと言いつつ
昔の着物をあれこれ広げて楽しんできました。
結局何も買わなかったけど
またまた私の中には、むくむくと創作意欲が・・・・!!
(近頃、意欲止まりですが・・・ハハハ)

a-P1100805.jpg


ここは染め物やさん。大きな染料の釜。

a-P1100806.jpg


a-P1100807.jpg


街を歩くと、外国人の旅行者が沢山。
「金太郎飴」を珍しそうに見ていたり・・・
手ぬぐいやさんも、人気っぽかったな・・・

むかーしからありそうな、喫茶店で
むかーしから出してそうなカレーライス(味噌汁とおしんこつき)を食べて

有楽町へと向かいました。。。

 | Copyright © 同じ空を眺めながら・・・ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド