2009 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 08
ようやく、ひと呼吸。。。
- 2009/07/28(Tue) -
子ども達は夏休みに入りましたが、われわれはまだまだお仕事中。
毎日勉強会や、補習授業、プールに、出張・・・・
夏休みはもうしばらくお預けです。。。

でも、今日、大仕事が一つ終わった。

私が講師を努める研究会が(ハハハッ!何かエラソウ・・・大したもんじゃありません・・・)
3日間あったんですが、今日ようやくケリがつきました???



明日は、母の病院の付き添いですが、
今晩思いついて取り掛かったのが、コレ!!



a-P1170845.jpg


去年レシピを教えていただいて、さんざん作ったバジルソース
今年も庭のバジルが大きくなってきて、これは1回目の収穫。

うふふ・・・美味しそう?
いえ・・・美味しそうではなくて、「美味しい」の

明日はトマトの冷製パスタでも作ろうと思って、完熟トマトも買ってきた。

今年もおかげさまで、豊かな食卓です。

レシピの記憶が少しあいまいだったけど、その辺は適当に。。。です。。。


a-P1170847.jpg

そしてもう一つはコレ。

これも去年同僚に教わって作った「ラー油」
市販のラー油はあまり好きじゃなかったけど、これは我が家みんなのお口に合っています。

作り方はと?っても簡単で
みじん切りにしたニンニク、長ネギ、しょうがと
一味唐辛子、すりゴマ、塩、砂糖を軽く混ぜておいて
そこに煙が出るほどあっつあつに熱したオイルをジュじゅじゅ???っとかけるだけです。

その後火にはかけません。

量はお好みで!
唐辛子は多めに!砂糖は隠し味で。

ぶくぶくと煮えたぎった油が落ち着いて、荒熱をとったらビンにつめます。
サラダオイルとか、キャノーラ油とか使うと、軽い出来上がりになります。

これ作ったら、辛いの苦手な長男が何にでもかけて食べます。
ギョーザが食べたくなるんだな??。

宇都宮のギョーザ!
またお腹が空いてきちゃった(笑)



この記事のURL | 未分類 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
千葉の海、日食、そして「天上の蒼」
- 2009/07/22(Wed) -
日曜日、千葉の御宿に行ってきました。
伊勢えびが美味しいって聞いたんだけど
残念ながら少し時期が早かった。。。

でも、海の幸を堪能してきましたよ?。

a-P1170739.jpg


立ち寄ったお店では大量のアワビが・・・!!
やはり、地元は安くて美味しい。。。


a-P1170741.jpg


こちらは今朝揚がった鰹。
これもピチピチのキトキトでした?!




帰り道、海を見ると大漁旗を掲げた船が沢山!
海の男のお祭りでした。

a-P1170788.jpg


a-P1170792.jpg


a-P1170809.jpg


この日の空は、燃え狂ったような夕焼け!


a-P1170825.jpg


a-P1170831.jpg

このところ変なお天気ですものね。。。





ところで、今日は日食でした。
ちょうど、補習授業が終わったところで、全員で校庭に出ていたところ。

「あ????っ!!」と
天を指差す声とともに、曇り空が見る見る開けて太陽が!

すかさず、日食メガネを配ってみんなで鑑賞しました。

曇ったり晴れたりしながらも、30分ほど全員で空を見上げていました。

次は・・・生きていられるかな?

元気でまた見たいものです。


私の日食の思い出と言えば、ちょうど10年前、
オーストラリアの砂漠の真ん中で皆既日食を見ました。

たまたま家族旅行で、知らずに来ていたのですが
周りの人がみんな日食めがねで空を見ていて
私達にも見せてくれたのを覚えています。

その日は確か息子の14歳の誕生日でもあり、
そのことを知った見知らぬ周りの人達がパーティをしてくれました。
言葉も通じない、いろんな国の人達が
Happy Birthday♪を歌って、
たまたま持っていたキーホルダーやら、Tシャツやらを「記念に」と、くださいました。

初めての海外旅行。
偶然誕生日。
皆既日食。
息子は一生忘れられないと言っています。。。

エアーズロックに登るために滞在していたアリススプリングスという街での事でした・・・。





ささゆりさん発、chiyoさん経由、るり。着の「天上の蒼」

咲きましたよ!

まだ、毎日2つくらいづつ。。。


a-P1170839.jpg


a-P1170843.jpg


まだ、プランターの中から上に伸びているのは少ないのですが
ゆくゆくはお隣との間のフェンスを覆ってくれるといいな?なんて思っています!!

ささゆりさん、chiyoさん、ありがとう??


あ!今気づいた事が???!
この朝顔、何か私の知ってる朝顔と違う!って思ってたら・・・
葉っぱの形が違いますね。
ハートの形・・・。
普通朝顔の葉っぱは先が3つに割れてる形でしたよね。。。

なんでだろう?

この子だけ????


この記事のURL | 未分類 | CM(17) | TB(0) | ▲ top
東京ファイナル
- 2009/07/14(Tue) -
土曜、日曜と有楽町の東京フォーラムに行ってきました。

今年のJAYWALK LIVEの東京ファイナルです。

5月7日に池袋から始まったこのツアー
遠くには行けませんが、首都圏だけで5本のコンサートを楽しんだ。。。

「どこが違うの?」
「毎回同じ?」
「同じコンサート、何回も見て面白いの?」

よく言われます。。。

何回だって見るさ???。

イベントを加えたら、年間10本強・・・
彼らに会いに行く・・・。

金額は????、あえて計算しませんけどね・・・(笑)






12日はメインのコンサートツアーの東京ファイナル。
あと1本札幌を残してはいますが、やはりここは東京。

外はこの時期に珍しく湿度も低く清々しい風も吹いていたのに
フォーラムの中は、熱く燃えていました。。。

2日間とも、SOLD OUT
「とくだね」の小倉さんも来てましたよ?。

それにしても、耕一さんの声が凄く伸びていて、
いや?、聞き惚れた・・・

今回は二日とも1階の最後部の席でしたので
比較的冷静に見ることが出来ましたヨ

とは言え、汗だくになって跳んで、踊って、叫んでおりましたが・・・
(どこが冷静なんだか・・・)

2日間で体重が2キロ減ってました。。。
ハハハ・・・全部汗じゃん

ダンナいわく、10日間くらいずっと行ってれば?!だと・・・!

行けるもんなら行っちゃうもんね???

耕一さんって、出し惜しみ出来ないヒトなのね?。
まだ、次があるから少し余力を残せばいいのに
それをしないで、全力疾走。。。

うふっ・・・カッコイイ・・・

2日目のラストには声がかすれても、それがまたいいんだな?

まあ、吼えること吼えること!!!

最後まで「Saling」は聴けたし・・・。


今年のツアー例年になく男性が多いんです。
それも、メンバーには嬉しいのよね。

a-090711_165045.jpg

写真は始まる前のロビー。
Cホールとは言え、すごい人・人・人・・・



そうだ・・・
1日目はお隣の「ホールA」でも、すご?い列が出来ていて
ご飯食べながら見てました。。。

なかなかJAYWALKに近い年齢層
でも、すごく若い子もいる・・・
金モールのついたうちわ???

こりゃ、韓流だわ!
はい・・・

通り過ぎる方をつかまえて「どなたのコンサートですか?」とお聞きした所
私よりもかなり年配の方でしたが
目をキラキラさせて仰いました。

「キム・レウォンくんです」って。。。


Kim Raewon


因みにこの方がキムレウォン君です。
なかなか背も高くカッコいい方ですよ。。。

幸せな二日間はあっという間に過ぎ去って、
私の前には学期末の大仕事が、ドドド???ンと残ったのでした

さて、やるぞぉぉぉ




この記事のURL | 音楽 | CM(20) | TB(0) | ▲ top
こんな本を読みました。
- 2009/07/09(Thu) -
ここの所、TVや雑誌をちょっと賑わしている本です。

電車で通勤することもなくなってから、あまり本を読む時間がないのですが、
この本はつい手に取ってしまいました。


a-半島へ再び


ご存知、拉致被害者の蓮池薫さんの手記です。

初めて、彼が拉致について口を開いたとも言えるものです。




実は・・・

私にとって、蓮池さんの人生は他人事ではないのでした。


蓮池さんは私と同学年。(年がわかるね?・・・)
同じ時期に、同じ東京の空の下で大学生をしていた。。。。

そして、彼の故郷新潟県柏崎は、私の母のふるさと寺泊の隣町です。

彼が恋人と浜辺を歩いていて、拉致されたのと同じ夏、
私も同じ新潟の海辺にいて、同じように恋人と夜の浜を歩いてた。。。

恋人同士がひと気のない方へ方へと行くのは・・・仕方のないことで・・・。

私達が麻袋をかぶせられて、夜の日本海を運ばれていたって
なんの不思議もないのです。。。



そう思ったら、運命のいたずらに背筋が寒くなった。。。

私たちは彼らのように逞しく柔軟に生きられただろうか・・・?

運命に逆らわず、足を踏ん張って生きられただろうか・・・?


蓮池さんの本の中で、恨みつらみを書いているのではないのです。
それがすごいと思った。。。

淡々と生きて来た道を書いている・・・時にはユーモアも交えて
その生き方が、「しなやか」だと思ったんです。



同じ24年間

ノー天気に幸せに、やりたい事をやって、言いたいことを言って
生きてきた日々。

家族や友達に囲まれ、見守られて生きてきた日々。


自分じゃなくて良かった・・・なんてとても、思えないのです。

24年という年月の重みに思いをはせ、

同い年の彼のこれからに、自分も夢を重ね、力をもらえたような気がします。




今日はちょっと真面目なお話でした・・・
この記事のURL | 本・雑誌 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |