トマト狩り ♪ 

韓国紀行は長くなりそうなので、ボチボチと時間を見て続けたいと思います。
時々戻ってきますので、皆様ヨロシク!!





8月最後の日曜日、台風が近付いている不穏な天気の中、
夏休みが去ってしまうのが寂しくて、出かけてしまいました。


ずっと気になっていた「トマト狩り」
そんなのあるの?って思うでしょ?
あるんです。。。

群馬は沼田の近くです。
埼玉県内にもありますが、そのくらいの距離感がドライブにちょうどいい・・・
有機栽培、マルハナバチ自然交配をうたっている農園です。

ビニールハウスの中なので、雨も平気

トマトのシーズンは8月だそうです。
中玉は終わってしまっていましたが、ミニトマトはまだまだ元気!
10月頭くらいまでは行けるそうです。


0-090830_144614.jpg


0-090830_144936.jpg


0-090830_145804.jpg


トマトってこんなにいろんな種類があるんだ?って思いました。
ハウスの中はもぎ取って食べてもOK
甘いの、酸っぱいの、甘酸っぱいの・・・味を確かめながら
摘んでいきます。


0-090830_150814.jpg


これはイタリアントマト
これだけは生食はNO GOOD
食べちゃいけないんじゃなくって「不味いよ!」って言われました。
火を通すと甘くなるのに、不思議ですね。
(そうだったのか・・・知らなかった私・・・)





これだけ取りました??


0-P1190631.jpg


全部で約5kg
こんなにどうやって食べよう???!?
・・・と言いつつも、どんどんつまんで食べてしまうだろうな?。


野菜もぎも出来ます。
ベイナスと水茄子をちょこっと・・・
食べる人間の数を考えないとね??。


0-090830_152104.jpg


0-P1190627.jpg


え?これでも多い???


家に帰って種類別に分けてみました。


0-P1190632.jpg


これは一番甘いイエローとオレンジパルチェ
糖度が高いので、早く食べてね?!と言われました。


0-P1190633.jpg


これはアイコ
甘酸っぱくて、トマトの味がしっかりしています。
比較的長持ちするトマトだそうです。


0-P1190635.jpg


アイコに似てるけど、倍くらい大きいのがイタリアントマト(あれ?同じ大きさに見える?)
水分が少ないので、火を入れる料理向き。
これで、トマトソースを作ろうと思います?


0-P1190640.jpg



これは・・・名前忘れました。普通のミニトマトでしょ?!(←そんなのあるのか?)

帰りには立ち寄り温泉に浸かって汗を流して・・・。


早速、イタリアントマトでトマトソースを作りました。
その農場でいただいたレシピで・・・!
ン???♪美味しい???♪


0-P1190644.jpg


今夜はパスタにしましょうか・・・


さ!!
新学期だ????

お隣の国から・・・?雪嶽山 

カンヌンを過ぎて、車は北へ向かいます。
北朝鮮との境に程近い、韓国人なら誰でも一度は登るという山に、行ってみようと。

その山、雪嶽山(ソラクサン)は韓国の東北部にあります。
一つの山の名前ではなく、いくつもの峰の集まった山全体をソラク山と呼ぶようです。

韓国で一番高い山は済州島(チェジュド)にある、漢拏山(ハルラサン)。
それでも、標高にして1950m

ソラク山は韓国で3番目に高い山なので1708mだそうです。

日本は3000m級の山がざらざらあるので、
1708mってどの位かな?と、調べてみたけど
ベスト100を見ても、2600m以上です。

韓国民に愛されて、かなり気楽に、老若男女が春夏秋冬、登れるお山のようです。
特に紅葉のシーズンは凄いらしい・・・

麓には新興寺(シヌンサ)という古いお寺があります。
1400年という古刹だそうです。
古いのに「新興」とはこれ如何に???


aa-P1190186.jpg


ソウルで見た沢山の歴史的建造物よりも、ここの方が美しく感じるのは何故だろう・・・。
同じような色合い、同じようなデザインなのに、
信仰によって守られてきたって言う重みなのでしょうか・・・。


aa-P1190170.jpg


この屋根の飾りの絶妙な色具合・・・大好きになってしまって
この写真ばかり? 


aa-P1190179.jpg


aa-P1190167.jpg


立派な大仏様もありました。
(このあたり、ちょいと露出過多。知らないうちにカメラのチャンネルが動いていたのです)


aa-P1190152.jpg


さぁ、そして、登っていきましょう?!!!
・・・と言っても、ロープウェイで、途中まで行けます。


aa-P1190291.jpg


山肌はかなりの岩肌。
ロープウェイから降りて、しばらくは登り。
でも階段があって、お年寄りや子どもにも登れるようにしてあります。
だんだん良い風が吹いてきました。


aa-P1190253.jpg


ここからは岩登り。
私はギブアップ。息子と旦那で頂上を目指しました。


aa-P1190263.jpg


韓国の国旗「太極旗」が頂上にはためいているのが見えますか?


aa-P1190270.jpg


鎖も何もないそうです。
降りる人と登る人は交互に、
降りる人はお尻で滑ってこないと、怖くて仕方ないそうです。


aa-P1190254.jpg


風に吹かれて・・・息子と旦那です。。。
よ、よくそんな崖っぷちに・・・!!!
私はとっっってもじゃないけど、寄れません。
高所恐怖症の私は、見てるだけでも背筋がすぅすぅする!!!

気がついて周りを見回すと、皆さん崖っぷちのぎりぎりのところまで行って
「ピ??ス」なんてやってる・・・

う、う、う、・・・信じられましぇん・・・
日本だったら、絶対ここには頑丈な柵がめぐらされて、監視員か何かが居て
コラコラ・・・なんてやってる・・・

だってお年寄りや子供も居るんですよ??。
自己責任ってことかな?

私達日本人は、細かい配慮の行き届いた国民で
いつも誰かに丁重に守られて生きていて
それはつまり、長い間には、人間の本来持つ「危険察知能力」を麻痺させてしまうんじゃないかと
そんなことを感じてしまった。
異国の山の山頂でした。。。。


インフルエンザ騒ぎ! 

韓国旅行記の途中ですが、今日は身近なお話。。。
「インフルエンザ」です。
皆さんの近くはいかがですか?

まるで海外旅行にいく人はみんな感染するような言われ方して、
帰国後1週間は、無理やり有給休暇取らされて、自宅待機させられて、
大騒ぎしてたけれど・・・

どうも、日本に居るより韓国に居た方が良かった!・・・と思えるような
日本でのインフルエンザ蔓延ですね。

韓国は、アジアで最初に発症者が出た割りにその後日本ほど増えていません。
噂によると、それは「キムチ効果」とも、「高麗人参効果」とも・・・!!

確かに韓国の人のそれらの摂取量は半端じゃない。
向こうに居ると、自分の体の代謝能力が上がったという実感がすごくします。
免疫力もアップするんだろうな??。

特に「埼玉県」はひどいらしい。。。
ワースト3に入ってるみたいです。。。

私の職場も例外ではありません。

40名の職場で、現在職員が既に3名、感染。
昨日、私は日直でしたが、その間親からの電話が5本。

「感染してしまったので、どうすればいいでしょうか?」
という連絡でした。
そんな風に連絡してくれるのはいいほうなので、
多分9月1日に蓋をあけたら、ぞろぞろ居るのでしょう???。

とにかく対応におおわらわです。

アルコールを各教室に備え、
玄関にも、当分の間、毎朝職員が立って子ども達の手を消毒するそうです。

マスクも、スーパーなどではもうなかなか手に入らないので
50枚入りの箱をネットで25箱お取り寄せしました。

なんだか、踊らされている気もしますが
何かあった時に言い訳できるように「行政の責任」というヤツなんでしょう。。。

皆さんのお近くはいかがでしょうか?
まあ、人混みを出歩かなくても良い人はこの大騒ぎの間は大人しくしていましょうね・・・。

こんな田舎の町でもこれなんだから、中央はもっと大変なんでしょうね?

韓国旅行記の途中ですが、あまりの騒ぎにちょっと寄り道・・・

お隣の国から・・・?江陵 

この日はソウルを離れて、韓半島(韓国の人たちは朝鮮半島ではなくそう呼びます)の東側にドライブ。

江陵(カンヌン)と読みます。

カンヌンは東海(トンヘ、日本海のことを彼らはそう言う)に面した
海岸リゾートです。

ここはソウルから高速道路に乗って、3?4時間くらいかかります。
カップルがデートして、「夜明けの海が見たいわ!」なんて言うと
たいていここら辺りに来るそうです(笑)

私も、「夜明けの海が見たいわ??

aa-P1190326.jpg


同じ海の反対側の新潟の海岸によく行きますが、とてもよく似ている。。。
新潟は当然夕陽の美しい海岸線ですが、ここは朝日で有名。
反対側なんだから、あったりまえかぁ??

とこにここ鏡浦(キョンポ)は美しい海岸が6kmも続き、
海水浴客で賑わう所です。

この日は台風が来ていて、風が強く海は殆んど入れなかったみたい。。。
それでも・・・!っていうカップルや若い子達がいました。


aa-P1190340.jpg


aa-P1190345.jpg


aa-P1190352.jpg


新潟側と同じようにこちらにも魚市場が・・・
沢山の人でにぎわっていました。

お魚は買って帰るというより、ここで食べるんですね。
魚を食べさせる店が並ぶ一角です。

aa-P1190320.jpg


店の前はまたもや屋台、屋台、屋台・・・!!!


aa-P1190305.jpg


こんなに揚げちゃって、大丈夫なんだろうか・・・?売れ残らないんだろうか・・・???


aa-P1190306.jpg


桃はここの名産だそうです。


aa-P1190312.jpg


aa-P1190311.jpg


aa-P1190315.jpg


この日のお昼は、ヒラメともう一つ何とか言う魚(忘れた!)をさばいてもらいました。
コリコリ、プリプリで美味しかったです。


aa-P1190300.jpg



韓国の人はお刺身をごま油と塩で食べるって聞いてたけど
ちゃんと、お醤油とわさびでした。
なぁ??んだ??!!
おんなじじゃん!!

あら汁はしっかりと、コチュジャンがいっぱい入ってましたが・・・


他にも、イカ刺し、ホヤ、サザエなど・・・海の幸を堪能いたしました。。。
感想・・・「ここは、新潟のお隣だ!!!」



お隣の国から・・・?新村・弘大 

学生街はどこの町でも、なんとなく新鮮で、なんとなく真面目で、
なんとなくフワフワして、なんとなく落ち着いている。(何だろうこの背反する感覚は!?)

新村(シンチョン)は今息子が住んでいる町です。
延世大学(ヨンセ テハッキョ)がある町です。

前回行った時は冬だったので、緑溢れる構内を見てきました。


a-P1180476.jpg


前にも書きましたが、小高い丘一つが全部ヨンセ。
通りから見える講堂はとても立派です。

a-P1180472.jpg


日本にも、都心にどうしてこう言う大学が無いんだろう・・・
ちょっと憧れ・・・。


a-P1180493.jpg



a-P1180484.jpg


鷲はヨンセのシンボルだそうです。


a-P1180488.jpg


大学本部の建物はツタに覆われて・・・。

a-P1180498.jpg


a-P1180511.jpg


こっちは息子の通ってる語学堂(コハクタン)です。

a-P1180522.jpg


何でもいいや?。若い時に感性をいっぱい磨きたいねっっ!!
ちょっと気づくのが、遅かったなぁぁ・・・・・・


大学を出て町へ。

ホンデに向かいます。ホンデは弘益大学(ホンイク テハッキョ)という芸術大学のあるところ。
なので町に絵が溢れています。


a-P1180551.jpg


a-P1180554.jpg


a-P1180564.jpg


a-P1180567.jpg


a-P1180575.jpg


学生さんたちが何やら描いていました。

いいねぇ・・・。


a-P1180562.jpg


a-P1180546.jpg


町中がオブジェみたいだった。。。

しっかし、この日は、炎天下。

歩き回って、疲れきってしまった一日でした。

「疲れた?」「休もうよ?」と、お茶ばっかり飲んでた一日だったような・・・。

私の荷物を担ぎ付き合ってくれた、息子よ!許せ!!

お隣の国から・・・?北村・安国洞 

ソウルの北側、古宮の並ぶ辺りから山に向かっていく途中が北村(ポクチョン)と呼ばれる地域です。

ここは韓屋(カノク)と言われる古くからの由緒ある家々が立ち並び、
文化的遺産として保護されている地域です。

李王朝時代、政治を動かしていた両班(ヤンバン)と言う、貴族達がすんでいたところです。
この日はあいにくの雨でした。
後で、ニュースを見るとソウルでは記録的な130ミリの雨が降ったとのこと。
台風が来ていましたからね・・・
日本でもあちこちで被害が出ていましたが、皆様大丈夫だったでしょうか。。。


a-P1180847.jpg


a-P1180853.jpg


a-P1180842.jpg


a-P1180871.jpg



a-P1180859.jpg


韓国の歴史ドラマに出てきそうなお家ばかり・・・。

坂の下の方にはソウルの中心地のビル街を見下ろせます。

a-P1180860.jpg


この一画には現大統領の自宅もあるそうな・・・



そして、ここからちょっと坂を下りたところが安国洞(アングクドン)です。

古い家ばかりではなく、通りへ出れば小洒落た喫茶店などもあります。

ここは、実はヨンハ君ゆかりの喫茶店です。
彼の番組のロケに使われました。(笑)


a-P1180764.jpg


中の様子もお洒落です。

a-P1180812.jpg


a-P1180827.jpg


a-P1180782.jpg


表の通りはこんなに落ち着いてるの。。。



このすぐそばに、アンティークショップ等で有名な仁沙洞(インサドン)があります。
インサドンで、「伝統茶」をいただきました。

a-P1180902.jpg


カノク(韓屋)を利用した喫茶店の中はとても落ち着く雰囲気・・・

a-P1180897.jpg


伝統茶は韓国で昔から飲まれていた様々な薬草や果物のお茶です。

私は「ナツメ茶(テチュチャ)」友達は「水正果(スジョングァ)」「シッケ」をいただきました。
韓方の薬効があり、ほのかに甘くてほろ苦くて
歩き疲れた体に沁み込んできました。

ちなみにナツメ茶の効能・・・老化防止・便秘(笑)
スジョングァ・・・冷え性・免疫力アップ
シッケ・・・消化促進                   だそうです。

お茶請けにお餅と揚げ菓子が出てきました。
甘さ控えめで健康的!!


ソウルはいろいろな顔を持った街です。






お隣の国から・・・?景福宮 

今日は韓国ソウルを代表する宮殿、景福宮(キョンボックン)に行ってみましょう。

首都ソウルには、町の中心部に景福宮の他に

昌徳宮(チャンドックン)、宗廟(チョンミョ)、徳寿宮(トクスグン)などの古宮があります。

前の二つは世界遺産ですが、今回の旅ではキョンボックンを訪ねました。

それはこれを見たかったから・・・。


a-P1180672.jpg


a-P1180661.jpg



王宮守門将(近衛兵)の交代式です。

太鼓やドラ、鐘などの賑やかな音とともに衛兵の交代が行われます。

いつ見ても韓国の衛兵は派手ですね。。。


キョンボックンは他の古宮と比べて派手さが少ないと思います。

それは、実際の政務が行われていた場所だからだそうです。


a-P1180722.jpg


a-P1180731.jpg



それでも、この色合いは好きだなぁ?。

緑も朱も少しくすんでいい感じに調和しています。


a-P1180735.jpg


a-P1180630.jpg


塀の壁がとてもきれいです。


a-P1180754.jpg


古宮全体をゆっくりと歩いて回りましょう。

a-P1180695.jpg


a-P1180648.jpg


a-P1180750.jpg


a-P1180625.jpg


途中子ども達が集まって何やら・・・

民族衣装のチマチョゴリを着た子ども達。

何かのお祝いでしょうか?

テコンドーの技かけをしている子もいました。


a-P1180710.jpg


a-P1180712.jpg


次も古きソウルからお届けしますね。

お隣の国から・・・?明洞 

今日はいつも元気な明洞(ミョンドン)の話をしましょうか。

明洞は日本で言うと「渋谷の公園通り」か「原宿の竹下通り」に「新宿歌舞伎町」がミックスされたって感じでしょうか?
あはは・・・わかるかな?

ファッションビルが立ち並び、流行を追いかける若い子で満ち溢れていて
最新の音楽があちこちの店からガンガンと流れている。
でも、すっきり洗練されてなくて、バタ臭くて「ごった」な感じがする。。。


a-P1180417.jpg


屋台が常に道の真ん中にずらりと・・・人はその間を縫うようにして歩きます。
そんな道を車も通る???!!!

a-P1180412.jpg

a-P1180424.jpg


a-P1180427.jpg


「にせもの」と日本語で表示して売ってるコピー商品は
靴、バッグ、財布、タオル、靴下、パンツ・・・ありとあらゆるもの・・・

私もルイヴィトンの靴下をジョークで買ってきました(笑)

a-P1180422.jpg

さきいかや干物みたいなおつまみ(?)みたいなのも、カップに入れて大量に売ってます。

a-P1180420.jpg

道端でカルメ焼き(?)を焼いてるアジュンマ(オバちゃん)もいます。


a-P1180439.jpg

a-P1180447.jpg


屋台だけでなく、
もちろん回りの店からは物売りの声や、大音響のHipHopが流れています。
焼肉屋からはメチャクチャ美味しそうな匂いがしてるし。
いろんな種類の音と匂いにむせ返りそうになります。

2日目くらいには頭がくらくらしてきます。

4日もすると・・・・・・慣れます。(笑)

大量の人間と音と匂いにあふれて飽和状態の街。
そんな街を若者も、家族連れも、外国人も、大きな声で話をしながら足早に歩いている。

日本以上にこの国は平和なんじゃないかと思うくらい
若い女の子の肌の露出は多いし
長い足をすらりと出して闊歩している。。。

長くいると疲れてしまうのだけれど
どうしても足が向いてしまう「明洞」の街でした。。。




お隣の国から・・・?広蔵市場 

11日間の韓国の旅から帰ってきました。

まずは・・・
半年ぶりに会った息子ですが、ま、そう急に変わる事も無いんでありまして・・・。
「よっ!」って感じの再会でした。

成長?したのかな?
きっと、親の目に見えないところで何かが変わっているのでしょう。。。

11日間ずっとくっついてた訳ではなくて、向こうは夏の間も学校があるので
夕飯をたまに一緒にとったり、若い人たちの行くお店にたまに連れてってもらう程度。

途中夫が合流してからはちょっと遠出をして、一緒に出かけたりしましたが・・・。

一緒にいる時は
言葉が通じないので
注文したり、何かを取ってきて貰うのはお任せでした。
食べ物をいちいちサーブしてくれるのは、ちょっといい気分だったかな(笑)

あちらは子どもが親の手をとったりするのは、普通なので
いい気分で、荷物を持たせて引っ張ってもらっていました。
(単に疲れたとも言う・・・笑)

日本じゃ絶対しないようなことをしてくれるようになるのかな?
これが韓国ナムジャ(男性)のいいところ・・・。
大いにお手本にして欲しいわ??。

11日間をどんなふうにご紹介しようかと思いましたが、
日を追わず順不同に、思いつくままに、書いて行こうかと思います。





まずは、やっぱり韓国らしい場所、市場から。。。

ソウルには有名な市場が沢山あります。

雑貨、食料品、その他無いものは無いと言う南大門市場(ナンデムン シジャン)
衣料品なら何でも揃う東大門市場(トンデムン シジャン)
その東大門の一角にある・・・ここは広蔵市場(カンジャン シジャン)と言うところ。

市場の通路の真ん中には食べ物の屋台がずらりと並びます。

a-P1180359.jpg

a-P1180372.jpg


ここで一番有名なのはこれ!

a-P1180365.jpg

緑豆大豆のチヂミ(ピンドェトック)

大きな石臼で豆を挽いています。


a-P1180371.jpg

ふわふわで、カリカリですっごく美味しかった!!!

これはな??んだ?
真ん中の洗面器のような皿の中でとぐろ巻いてるもの。

a-P1180374.jpg

これはスンデと言うもので、豚の腸に豚の血やもち米をつめたソーセージ。
ちょっとグロテスクで、私は食べられなかったけど・・・。


あと、ここの市場は靴をこんな風に売ってて面白かったです。

a-P1180369.jpg

これって、捨ててあるんじゃないんですよ。
下の方のが欲しかったらどうするんだろう???


さーて、明日は何を書こうかな・・・。

いざ・・・!! 

土曜日、いくぶん涼しい関東地方でしたが
パク・ヨンハ君に会いに、さいたまスーパーアリーナへ行ってまいりました。


a-090801_144005.jpg


日本デビューして5周年の記念イベントでした。

そうか?、あの韓流冬ソナブームから、もう5年も経ったんだ・・・
というより、え・・・まだたったの5年?という感じですが・・・


200908030850329657892A_1.jpg


2万人収容できると言うさいたまアリーナはほぼ満員。
ヨンハカラーのブルーのペンライトが星空のようです。

ここへ来る皆さんは、韓流スターのイベントって
多分関心ないかもしれませんが・・・
ま、こんなもんですよ?ってことで・・・


a-img43483a6fzik6zj.jpg


a-200908030850329657892A_3.jpg



この子がね・・・健気な子なんですよ・・・
いつも一生懸命で、前向きで、礼儀正しくて、
日本人の若い子が忘れた(?)物をいっぱい持ってる・・・

この日は5年間を振り返りながら15曲を歌って
曲の合間にはたどたどしい日本語でおしゃべりもし
目いっぱい楽しませてくれました。。。


極めつけはこれ!


a-200908030850329657892A_6.jpg


気球に乗って場内一周です。(笑)
ジャニーズみたいでしょ?
kazahanaさんの応援してる昔のジャニーズじゃなくってよ??。今のジャニーズ!

3階の上の方のお客さんの前まで行って手を振るヨンハ?。
下から見上げて大騒ぎの私達

ちなみに今回、奇跡のような「前から2列目」
1000人規模のJAYWALKでだって、めったに2列目なんてないのに
20000人のパク・ヨンハで2列目ってどうよ???

もう大興奮の2時間余でした。

一緒に行ったヨンハ友達が、キラキラのモールを周りにつけた団扇を作ってきました・・・
え!?これ持つの??!?
はいはい・・・郷に入らば郷に従え・・・喜んで振り回してきましたよ?
曲に合わせて???

これって、汗だくになるコンサートにはいいかも・・・オホホ・・・
JAYの時持ってったら、浮くだろうな???(爆笑)





さて、韓国の流れに乗って、いよいよソウルに行ってきます。
明日(8月6日)早朝出発します。

11日間、どっぷり浸かってまいりますゆえ
しばらくお返事できませんが、お許しを??

さぁ??!ヨンハが私を待っている???!
いやいや・・・。愛する息子が私を待っています・・・(ホントかしら?)

ではでは。。。