2010 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 08
光る海
- 2010/07/31(Sat) -

2010731-P1230268.jpg


母を連れて海にいってきた。


2010731-P1230295.jpg


とてもよく晴れた、暑い日・・・

空は青くて、風も心地よかった・・・


2010731-P1230322.jpg


「光る海」



ようやく、最後の仕事を終えて一息つきました。

あとは、出張一つとプール当番一つで、私も夏休みです。




7月は自分でも何がなんだかわからない1ヶ月でした。

心が、固まったまま感じることを拒否していて、頭だけが動いている・・・のかな?

それでも時は流れていきますね。。。



8月5日から、今年もまたソウルの次男の所へ行って来ます。

今年の夏のソウルは、どんな色に見えるかな・・・・・?



この記事のURL | ドライブ | CM(7) | TB(0) | ▲ top
梅雨明け
- 2010/07/20(Tue) -
このままずっと降り続くかと思っていた雨が
いきなりピタッと止んで、
突然の梅雨明け。。。

夏が来ました。

学校も夏休みが来ました(子どもだけ・・・・



何とか自分の気持ちにも区切りをつけないとね・・・。




msc1007181801005-p4.jpg



7月18日、ヨンハの献花式に行ってきた。

この日コンサートの予定だった東京国際フォーラムに
コンサートそのままのセットが組まれ
中央にはあの愛らしい笑顔と愛用のギター。
コンサートの写真をバックに、流れる最後の曲。。。

思いっきり仲間と抱き合って泣いてきた。
誰にもはばからず・・・。

一日で1万4千人以上の人が献花に訪れたそうです。
外国人の追悼の献花式を日本で行うのは異例のことだそうです。。。
彼のお母さんもお姉さんもソウルから来ていたそうです。。。
コンサートチケットの払い戻しをする人が、全くいないそうです。。。

その場を去りがたく、夕方まで
ぐだぐだと近くの店にいて、
そのあと銀座に行ってカラオケでヨンハの歌を2時間うたいまくって
思い出を語っていっぱい笑って、次の瞬間いっぱい泣いて

・・・はい・・・

ようやく、前を向いています。
「たかが」韓国スターのこと「くらいで」って思われそうで
だから、知らん振りして生きてるけど

心の奥に詰まって固まった鋭い痛みは
多分もう消えないだろう。
ずっと抱いて生きていくんだろう。

忘れるのは無理だから、諦めるのも無理だから、
ずっと忘れずに抱いていく。。。

 
 笑顔であふれるように
 いつでもそばにいるから
 One Iove 元気をあげる
 ひとりでふるえないで

 笑顔であふれるように
 僕らの愛をつなごう
 One Iove 
 心はひとつ
 同じ空を見てる




2010719-DVC00064.jpg



そして、急に暑くなって猛然と「夏」が来た!
なにも、そんなに頑張らなくってもいいと思うほど
夏が「やる気」になってる感じ・・・!

はぁ・・・とため息ばかり。
まだまだ、仕事はたまってるのに暑くて頭が働かない。
脳みそが溶けて耳から出てきそうなくらい(ゾンビか!?)

この真っ青な空にわきあがる入道雲。

ここは山梨県は清里です。
八ヶ岳の山麓。

少しはすずしいかと出かけてみたけど
渋滞に巻き込まれただけ・・・。


高原の写真は少し涼しそうかしら?



2010719-DVC00059.jpg


2010719-DVC00055.jpg


2010719-DVC00052.jpg


清泉寮のアイスクリームを食べるためだけに行った・・・って言ったら
笑われるかしら???

この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
真夜中の電話
- 2010/07/10(Sat) -

眠れない夜、ようやく浅い眠りに落ちた頃
枕もとの携帯が鳴った。

ふうちゃんからのメール。
「ねぇ、電話していい?」

時計を見たら夜中の3時。
胸がざわざわした。

ふうちゃんは、耳がよく聞こえない。
でも、重度の難聴ではないから補聴器をすれば友達との会話も出来るし
電話での会話も出来る。
普通の中学に行って、普通の高校に行って、
この4月からは短大に進んだと、本人とお母さんからうれしい報告を受けていた。

こちらからかけ直す。。。。

なかなか出ない。。。
やっとかかった電話の向こうで、彼女は泣いていた・・・。



どうしたの?
何があったの?

「ねえ、先生、死んだらダメだよね?」

!!!!!

何があった? ん? 言ってごらん?

好きな人が出来て、その人はみんなの憧れの人で・・・
でも、その人とふうちゃんは親しくなれたそうな。

そのことで、みんなに疎まれ、周囲から仲間はずれにされ
母親からも反対され・・・

「難聴のくせに」「目立ちすぎる」っていわれ・・・
大人しくしていろといわれ・・・


「今、お酒飲んでるの。」
「タバコも喫ってるの。」
「何をしても、苦しくてどうしようもないの。。。」

いろんな事が、一気に頭の中をよぎる。


今、ここで手を離したらダメだ・・・
もう、突然に失うのはごめんだ!!!



ゆっくりゆっくり、穏やかに、話をした。
周りの人の思い
家族の思い
私の思い
たくさんの記憶

こうだったでしょ?
ああだったでしょ?

ね・・・大丈夫・・・
あなたの気持ちを話してごらん・・・

少しずつ彼女は語り始め、ウン・・・ウン・・・そうだね・・・って、私は聴いた。


1時間も話しただろうか?
少しずつ声が明るくなったような気がした。

もう寝なさい。
明日また電話するね。。。。

祈るような気持ちで電話を切った。



翌日、彼女は電話の向こうで
「昨日はごめんなさい」と、ちょっと苦しそうに笑った。。。



これで終わった、あ?良かった・・・とは思えないけど、
あと、何が出来るだろうかと思うけど、
何かしてやれそうなことは全てしてやりたい。




今、思う・・・
あ?、こう言うことなんだ・・・。

生と死の距離はすごく遠く見えるけど、
でも、生と死は裏と表なんだ・・・。

簡単に越えられてしまうんだ・・・・・。


また、涙がこぼれて止まらなくなった・・・・・。




201074-P1220877.jpg


この記事のURL | 未分類 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
海の上の青い空
- 2010/07/05(Mon) -
201074-P1230125.jpg



ふとカレンダーを見たらまだ6月のままだった。
私の時間があの日で止まっていた。

4日間は何も喉を通らなかった。
胸の真ん中に鉛のような塊があって
お茶と煙草だけで生きてた。。。。。うわっ…不健康!

一人になると泣きすぎて、頭だけが痛かった。

どうしようもないね・・・私・・・

昨日ダンナが見かねて「海に行こう」って言った。
それも、日本海。。。
太平洋じゃ方向が違うだろって・・・。


201074-P1230134.jpg


201074-P1230144.jpg


201074-P1230151.jpg




ずっと曇り空だったけど、着いた頃少しだけ青空が見えた。
「ちゃんと祈れよ…」って言って離れた所に行っててくれた。

海風は遙か大陸から吹いてきたように思えた。
空の青い所に向かって合掌した。

どうぞ安らかでありますように。。。






帰り道、海沿いのドライブインで海の幸を食べた。
久しぶりの食事、
美味しかった。

ダンナが「あ?良かった」って笑った。
ありがとう・・・・・・・・・・


201074-P1230184.jpg



昨日はダンナの誕生日だった。
帰りにケーキ買っていこうね?!って。

調子に乗ってすっ飛ばしたら、パトカーに速度違反で捕まった。
罰金1万8千円。
ごめんね、ごめんね、と謝るダンナ。

事故になんなくて良かったじゃん。いいよ、生きてんだから・・・




この記事のURL | 未分類 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
今日は青い空・・・
- 2010/07/02(Fri) -

ソウルは雨が降っているようです。

ヨンハは無事にお空に登っていけるかな・・・


ヨンハの眠る顔は「花のように」美しかったそうです。

よかった・・・・・・・・・



000aaasfj09731.jpg




自ら死を選んだ・・・
それを思うと辛いけど
haniさんが言ってくれた。。。
悪魔が降りてきたんだよ・・・って。

ヨンハは死ぬつもりなんて無かったんだ・・・。
あんな親孝行な子が、あのご両親置いて死のうと思う訳ない。
だから、遺書が無いんだ。。。
あのお喋りな子が黙って逝く筈無いんだ。。。

こうしたら楽になるかなってちょっと思っただけで
そうしたらそこへ悪魔が降りてきたんだ。
それで、連れて行かれちゃったんだ。







ある朝突然、大切な人が消えてしまう・・・。
そんな経験を短い間に繰り返ししました。
私、何か悪いことしたかな・・・?

もう、いっぱいいっぱいです。
今までが幸せすぎたから、神様がもうあなたの貯金は終わり…って
言ってるのかな?

神様、もうやめてよね。
お願いだから・・・


この記事のURL | 音楽 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
君を忘れない・・・
- 2010/07/02(Fri) -
0911.jpg


もうこれで、悲しい話は終わりにするから
愛しいヨンハのことをあと少しだけ、話させてください。




韓国では、三日葬と言って亡くなった日から三日間告別式が続くそうです。
今日で三日目。

なんて長い時間だったんだろう。
訃報を聴いた時から、身体の力が抜けて
喋れなくなった・・・笑えなくなった・・・
こんなんじゃ、働けない。
職場に嘘をついて(ごめんなさい)お休みしました。。。

三日間喪に服します。


TVのニュースを見ても、ネットの記事を読んでも
これがあの私達のヨンハだなんて思えなくて
別の人みたいで・・・

何かをしていても、突然胸の奥から涙と嗚咽がこみ上げてくる。
止められない。
自分の子どもと大して年の違わない、息子のような「恋人」だった。。。


あの幸せだったコンサートの日が遙か大昔のような気がする。


3月にも同じような思いをしたけれど、
でも、生きていてくれれば必ずいつかまた・・・と信じられる。。。

死んでしまったら、そこで全ての未来は一つ残らず消えてしまう。
(せめて、耕一さんは生きててくれて良かった・・・)



年取ったご病気のご両親があまりにもお気の毒です。

子どもは親より先に逝ってはいけない!!!
絶対に・・・!!!

そんなこと、誰より親孝行なあなたはわかってたよね。。。



今日、あの優しい笑顔の若者は海の向こうで荼毘に付されます。

あの優しい目も、愛らしいエクボも、たくましい腕も
白い灰になってしまいます・・・。

ソウルまで飛んでいきたかった。。。

ネットの記事を読んで、ソウルに思いを馳せて
まるで近くにいるみたいに葬儀の様子を思い、
自分なりのお別れをしたつもり。





2010630-img142.jpg


ヨンハが6月に出したばかりのアルバムは「STARS」というのです。

沢山の大きな荷物を持っているヨンハ
まるでこんな事があるのを暗示しているように・・・


その中にタイトルと同じ「Stars」という曲があります。


夜空を見上げて思ったんだ

あの星からみれば 僕も星に見えるだろう

どれだけ高く手を伸ばしたって 届かない

だけど いつも見守ってる



もう、荷物は軽くなっただろうか・・・

そして私は、ヨンハが星になったって、思える日が来るのでしょうか・・・


この記事のURL | 音楽 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |