1日遅れのクリスマス 


12月26日

1日遅れのクリスマスパーティがありました。

JAYWALK5のクリスマスの茶話会。

彼らの事務所のお部屋に集まって、メンバーと過ごした1時間半。

ウン・・・楽しかった。

幸せ感じたよ・・・。

大きな革のソファーの、私のお隣には

ずうっと、助ちゃんが座ってて

歌を歌ってくれる時は、息継ぎまで聞こえて・・・

すごくすごく、彼らのぬくもりを感じたひと時でした。



101226-259.jpg


テーブルの上には小さなツリー

どんなイルミネーションより、きれいだったよ。

ずっと、ずぅぅっと、泣いてばっかりいたから、久しぶりに心があったまった。。。

前回の茶話会よりも、またもう少し近くに行けた気がする。

言い尽くした言葉ですが、いいグループだな???。

いいバンドだな?????。


101226-img153.jpg


記念写真を撮って、お土産のカードをもらって

あぁ。私にはJAYWALKがいてくれて良かった・・・て思った。

「彼」はもう、戻ってこれないような気がする。

こんなこと書いたら、叱られるかもしれないけど

彼の戻る場所が、無くなってしまいそうな気がする。

ね・・・まだ、まだ、・・・・間に合うかもしれないよ。。。なんて、言ってみるけど

届かないよね。







もうすぐ、2010年が終わっていきます。

辛くて悲しい年でした。

暮れから新年にかけて、

日本を留守にします。

去年果たせなかった、ソウルでのカウントダウンをしてきます。

ソウルは?15度ですって!

出来る事なら、大晦日、カウントダウンとともに

もう一度2010年をやり直せたらいいのに・・・

そうしたら、きっと!

きっと、今度こそ、上手くやるのに!!!

時間をあの時へ戻してほしい・・・・・・・




1年間お世話になりました。ご心配もおかけしました。。。

来年もよろしくお願いします。

少しは明るくおはなしが出来るように、頑張ります。。。











クリスマスプレゼント 

天国からクリスマスプレゼントが届いたよ。
夜間宅配で、届いたそのダンボールを
開ける事ができずに、しばらく抱きしめてた。。。

ヨンハのDVD、2巻

これまでの集大成に加えて
未発表の曲、2曲と
最後になってしまったコンサートの映像。。。

半年遅れで発売された・・・。


私ったら、こんな忙しい時に、何やってんだか・・・・

少し見ては一時停止して、深呼吸して
また少し見ては、お茶を淹れて一呼吸して・・・・。

最後が近付くにつれて、その先が見れなくなった。


10125-img152.jpg


今日のオリコン、6位と8位だったよ。

すごいよ!ヨンハ!
天国で喜んでるかな?





ここ半年、物忘れがひどくって、
大事なこと、メモっておかないとはしから忘れてしまう。

もしかして、ボケが始まったのかと心配になって
脳ドックも受けた。

そしたら・・・

あんまり辛いことがあると、心が記憶を消そうとするんだって
覚えていることを拒否するんだって・・・・・・・



困ったね。
仕事になんない。


でも、覚えておきたいんだ。

忘れたくないんだ。



最後のコンサートを、1曲1曲
丁寧になぞって、

もう一度、やろうね。
たった3回で終わってしまった、今年のコンサートツアー。



ふたご座流星群が、今夜東の空に見えるそうです。

あぁ・・・・とりとめがないなぁ・・・・・




Billboard LIVE 



こんなこと、書いていいかな・・・・・・・・・・

今日、今、この時の取り留めない思いです。

明日は変わるかもしれないけど・・・

そう思って聞いてくださいね。。。


10125-DVC00024.jpg



バラバラになってしまったジグソーパズル

気をとりなおしてもう一度組み立てる。


最後の1ピースが見つからない

完成しないジグソーパズル


満たされない思い

宙ぶらりんの心

そんな思いを抱いて出かけたビルボード



10125-DVC00020.jpg




JAYWALK5のクリスマスライブ

  


始まっていきなりお星様テーマが続く。

またまた予想的中。


参った…。

星とか空とか、今、一番それに弱いのに…。

涙の壺が壊れてるので止まんない。


みんなの熱い声援と拍手に田切さんまで涙ぐんじゃうし…。

こっちまで、伝染しちゃうじゃないかぁぁ!!



何度も何度も繰り返す「ありがとう」の言葉。


それはこちらの台詞。

JAYWALKを守ってくれて、続けてくれて、ありがとう。



もう、JAYWALKはボーカル不在のバンドじゃないね。そう感じた…。


  


臨時で入った女性ボーカル、ゴスペルの歌い手さんだそう。

彼女の歌った「アメイジンググレース 」

これは祈りの唄だよね。



この祈り、この思い、

耕一さんに届け!と夜空に祈った。



耕一さんがどこかで癒されていますように…。

ビルの屋上の赤い点滅がまるで心臓の鼓動みたいに見えた。



久しぶりに中村耕一の声が聞きたくなった。

なんだろうね。

今まで全く聞く気にならなかったのに…。



逆にこだわりがなくなったのか…。


あの日を境に居なくなった私達のJAYWALKに諦めがついたのか…。


もしかして、私、心の中で小さくサヨナラを言った…???



10125-DVC00007.jpg


10125-DVC00001.jpg



六本木の夜。。。。

いろんなことがありすぎた、この1年が少しずつ締めくくられていきます。




路上ライブ 



ちょっと知り合いに誘われて、路上ライブを見に行った。
駅前のデパートの裏の小さな公園。
こんな所にステージがあるなんて知らなかった。。。

ホントに小さな小さなステージ。

お客さんは20人もいただろうか・・・?
ファンのような人が5?6人。
後は通りすがりの、人達。
そこら辺の店頭で買ったお菓子を食べてる子ども達。

二人組のフォークデュオ。
地元の歌を中心に歌っているらしい。

ノリのよくない客を一生懸命盛り上げて
声張り上げて・・・。

なんだか、ぐっときた。。。

当たり前だけど、私が今まで行ってたLIVEとはぜんぜん違ってる。
黙っててもノッてくれる客。
口笛吹いて、手が痛くなるほど拍手して
ボーカルを見つめて、涙ぐんで、歓声をあげて・・・。
大きなホールをいっぱいに響く音響。
スポットライト。。。

そんなコンサートに慣れてしまってて
ギター2本だけのシンプルな歌声を聞きながら
ハッとした。

彼らの声が空に向かって響いていく。
詩が心に直に入ってくる。
歌ってそういうものだったな?って。

そんな当たり前のことを改めて思った。

歌い終わって、深々と何度も何度もお辞儀をしていた。
お友達の手前(ごめんなさい)、発売したばかりのCDを買ったら
こっちが何も言わなくても、封を切ってサインをしてくれた。

「歳はいくつ?」思わず聞いたら、息子と同じだった(笑)

「頑張ってね。」
「いつか大きいホールを満員にしてね。」
(でも、無理しないでいいからね・・・とは言えなかったけど・・・)



10124-P1250765.jpg




明日は、六本木のビルボードですよ。
エライ違いだね・・・。

そして、3月の「イーグルス」の東京ドームでのコンサートのチケットも来た。



でもね、この彼らみたいな初心を
アツイ心を
忘れたくないね。。。

いろんな汚れた物や、ツライことに巻き込まれないようにねって
祈らずにはいられない・・・・・・・・・