ご無沙汰しております。 

こんな私でも、心配してくださる方がいて
どうしたの?とメールをいただいたり・・・

ありがとうございます。

何とか、かんとか生きておりますよ。 

言いたい愚痴もあるけど、
今回ばかりは、自分が変わらなければ乗り越えられないと悟りました。

少しずつ前に歩いていれば
いつか振り返ったときに、あ・・・こんなに来たんだと思えるように。。。




息を殺して歩いてた2ヶ月でしたが
昨日は、久しぶりに都心にお出かけしました。






130736568464216330284_cyworld_com_20110526_222624_20110606220804.jpg


130692590664716325857_o0400026711264123375.jpg


111-img1babb3fazik4zj.jpg


ヨンハのフィルムコンサート


遠くて近い二つの国に
憎んでも憎みきれない、愛したくても愛しきれない二つの国に
愛という橋を架けた最初の何人かの一人。

無くなってしまったコンサートツアーの代わりに
行われたフィルムコンサートでした。

ホントは3月にある予定でしたが、地震の影響で延期になり
昨日行われました。

東京フォーラム、ホールC
いつもは一番広いホールAだったな。。。。

久しぶりに会う仲間たちから声がかかる。

「元気だった?」
「会いたかったよ・・・。」
あの日と変わらない。

フィルムコンサートは
生前の映像が一つのコンサートのように編集されて、
一つ一つのコンサートが
「あ、これはあの時の。。。」って思い出される。

私の見てきたヨンハがそこにいた。

ヨンハは、ステージの真ん中で
歌って、笑って、踊って、はしゃいで、走り回ってた。

そこにスポットライトは当たっていなかったけど
確かにそこにヨンハがいたんだ。。。





一緒に歌った。
ヨンハの手拍子に合わせて。

振りをつけて踊った。

ヨンハの名を呼んだ。
答えは返ってこなかったけど・・・。

1曲終わるごとに、力一杯、手がしびれるほどに拍手をした。
もう二度と彼に拍手を送ることはないだろうと思ったら
この拍手を天国の彼に届けたいと思った。。。

最後にヨンハの声が会場に響く

「ヨロブン サランヘヨ  (皆さん、愛しています)       
 オヌルド アルンダウン パムミダ  (今日も美しい夜です)」


全部の曲が終わり、会場が明るくなっても続くアンコール
叶えられることのないアンコール
鳴り止まない拍手。

立ち上がらない観客。
笑って、泣いて、最後は号泣・・・

「コンサートは終わりました」のアナウンスは流れなかった。
会場の係のスタッフも、退場を促すことなく静かに見ていてくれた。

気持ちに切りは付けられないけど
それでも、みんな何とか生きてる。。。

そんな仲間たちだった。。。



もうすぐ一周忌です。
同じような梅雨の日だったね。

その日は日本から1500人もの人が、海を渡ってヨンハの元に行くそうです。



尾崎豊、hide、石原裕次郎
ファンの思いは同じ・・・。

折しも間もなく「桜桃忌」




人の死が穢れではなく、誰もが必ず行き着く安息の場所と
思うようになりました。

かと言って、生き急ぐつもりはないけれど
かと言って、執着する気も無い。

自然にいつか訪れる時を覚悟している・・・
そんな自分がいます。


あれ??
暗い???

そ~~んなこと、無~~~いんよ~~