インドの寺院? 



147.jpg


ここ・・・・知っていますか?
142.jpg


内部はこんな感じ・・・

136.jpg


ここは築地本願寺。
こんなインド風建築様式なんですね。
初めて来てびっくりしました。

この間の震災の時、多数の帰宅困難者が街にあふれて難民と化していた時
築地本願寺は境内に人々を収容し
仏様の為に取ってあったお米でお握りを振る舞ったそうです。

境内の隅っこに
不慮の死を遂げたX-JAPANのhideさんの祭壇がありました。
なんだか、どこかのお寺と同じ・・・(遠い目)


なんで、築地本願寺かというと
別に信心深いわけでもなくて
この日遠出をしようとして家を出たのですが、首都高の大渋滞に巻き込まれ
じゃ、行き先を変えようと都心ドライブをしていたのです。


築地に来たら、ここですよね~~~。
ふふふ・・・

築地場外市場~~!!

130.jpg


平日なのにすごい人~。

088.jpg


112.jpg


ここはテリー伊藤さんの実家の卵焼き屋さん。


109.jpg


ほんのり甘くておいしかった。。。

他にもいろいろお買い上げ。

106.jpg

087.jpg


食べ物屋さんはどこもすごい行列でしたが、
私達が食べたのはこちら「金目鯛と鮪の炙り丼」

097.jpg


んん~~~~
この写真じゃ美味しさが伝わらないわ。。。

しばしブラブラしているともう築地は店じまい。
まだ2時ですよ。。。
でも、どの店も朝4時位からやってるのね。
それじゃ仕方ないです。

152.jpg


歩き疲れてオープンカフェへ。
ここ、米本コーヒーの本店。


127.jpg


129.jpg


美味しそうでしょ?
キャラメルマキアートならぬ、「黒蜜マキアート」
渋滞のおかげで、期せずしてとっても美味しい時間を過ごしました。。。

また行こうっと!!!


自分に良くやった!と言いたい・・・ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

あの日から1年 

1年前のあの日
5時間目の授業が終わった頃・・・
ゆらり・・・と校舎が揺れた。

地震は別に慣れてるけど、あ、けっこう揺れてる・・・って思った。
子供たちは机の下にもぐった。

長かった・・・
慣れてるはずの地震よりも、ずっと長いこと揺れていた。

ものが落ちたりすることは無かったけど・・・
何とかしなくちゃ・・・って思って
教室のドアを開けて、放送に耳をすませた。

何時もの避難訓練じゃ無い。

「校庭に全員避難」
びっくりして泣いてる子も居た。

一人一人を確実に安全に避難させること。
何百人という子供たちの命。

一度おさまったと思ったのに、まだ繰り返していた。
大地の揺れは、ゆらりゆらりと。

一人の担任が叫んでる。
「○○君が居ません!!」

何人かの教員が一斉に校舎に駆け戻る。

○○君は障害を持ってる。
きっとどっかに、隠れてるんだ・・・!
校舎の中を一部屋一部屋、掃除道具のロッカーやトイレの個室も一つ一つ覗いてみる。

「おーい、居たぞう!」と、声がした。
やっぱり、空き教室の戸棚の中で怯えていた。

これで全員。
よしよしと、泣いている1年生の子の肩を抱いた。

近所の人達も、心配して学校の様子を見に来た。
迎えに来ている親も居た。

学校長の判断で
子供たちを家に帰すことにした。
親に連絡の取れた子から順番に、迎えに来てもらって子供を引き渡す。
来られない家の子は、学校に残して、最後の一人まで近所の人や親戚に引き渡した。

ほっとしている間もなく
職員室のTVに映し出される、信じられない風景。。。

あの日、日本の東半分の殆ど全ての学校で同じようなことがあっただろう。
そして、子供たちを守って、亡くなっていった沢山の「同僚」のことを思ったりする。。。


「急いで、気をつけて、帰宅しなさい」と、指示が出る。

あ、そうだ・・・家・・・家が心配・・・・

電車も停まり、情報が交錯する。
帰宅しようにも、道路は車と人で溢れ全く動かない。。。

その日、息子達は会社と友人宅に泊まり
夫は都内(郊外)から4時間歩いて帰ってきた。
都心だったら無理だっただろう。

それからの数日は、流言飛語が飛び交った。。。。
何がホントで何を信じて良いのか、わからなくなった。

でも、1年・・・
何がホントだったのか、少しずつ見えてきた。

「頑張ろう」なんて言葉が空回りしてるけど
やっぱり一言で言ったら「頑張ろう」なんだな。。。

どんなに辛くても、
上を向くどころか、前も見れなくて、ただ足下の石ころしか見れなくても
それでも、足を前に動かしていくしかないんだな。。。
たとえ、1センチでも前に動かしてたら
少しずつでも動いていくんだ。。。


aaa20120226091124-134.jpg

aaa20120226091124-158.jpg


かつて旅した、三陸の美しい土地
あの時出会った方達の、ご無事を祈ります。。。





ひな咲くまち 

aaa20120226IMGP0269.jpg


ふっと、一人でドライブしたくなって
お山の土地まで行って来た。

その途中、飯能の街中で古い古いお雛様を持っているお宅を解放して
みんなに見てもらおうっていう催しをやっていた。

確か、去年までいた職場もこれに参加していたっけ・・・
そう思いながら、ふらりふらりと覗いてみた。


aaa20120226IMGP0267.jpg

こんな古いお宅の、居間に飾られた明治時代のお雛様


aaa20120226IMGP0261.jpg



aaa20120226IMGP0230.jpg


いろいろに趣向を凝らして・・・それも楽しい。。。


aaa20120226IMGP0227.jpg


aaa20120226IMGP0228.jpg


釣りに興じる五人囃子に、曲水の宴の親王と三人官女


aaa20120226IMGP0260.jpg


お宅の中を見せていただくのも楽しい。。。


aaa20120226IMGP0238.jpg


aaa20120226IMGP0237.jpg


何百年も続く材木商のお屋敷もあれば、
改造した古民家のお宅もあり・・・。

時間が無くて3軒しか覗けなかったけど、市内で20軒以上もが
登録してあるらしいです。

来年はもっと見てみたいな・・・。
来年は心にゆとりがありますように・・・・!!!



いつかこの街に住むようになる時には
私ももう少し何か出来るようになっていますように・・・!!!