同じ空を眺めながら・・・2012年11月

同じ空を眺めながら 話がしたい・・・と思ったのです。 あなたの窓からも、この空が見えていますように・・・
2012/11/16(金)

201210061536_26527.jpg


先週末、杉田さんの LIVEに行ってきた。
今年の春のLIVEでは30分でSold Outだったもの。
今回は杏さんのお陰でチケットが取れました。
ニコタマのKIWAで、昼夜2回のステージ。

お手伝いにオジサンJAYが勢揃いで、
もう、ホンットに楽しかった!!
あの事件が起こるよりずうっとずっと前の
懐かしい懐かしいJAYWALKの音。

田切さんのドラムは重厚にまた軽妙にリズムを刻んで心地よい。
光康さんのギターも楽しそうに喉を鳴らして歌い響いて・・・。

メンバーが目と目を合わせて、笑い合い、頷き合い・・・。

そうそう、この感じ。
リードボーカルは違うけど、でも、この音だ。
このリズムだ。

新生 the JAYWALKも、もちろんそれはそれで良いのだけれど
オジサン達だけのJAYWALKも全然オッケ~!!!
懐かしくって嬉しくって!!!

新しい歌も古い歌も、オリジナルもコピーも、
やっぱりこのサウンドなんだなぁ。。。。。
ギターもドラムも喜んでるみたいな気がした。

杉田さんのボーカルだって、元々上手な人だけど
色気も迫力もあって、なかなかのもの。

杉田さんが
「この歌をステージで歌うのは初めてです。下パートを歌わないように気をつけます。」
と言って歌い始めた「何も言えなくて・・・冬バージョン」

うっとりした・・・・・・・

夜の部には途中飛び入りで王子が参加。
1曲だけ楽しそうに弾いて行きました。

2時間×2ステージ、楽しい素敵なひとときでした。
また、やって欲しいな~~~~~。。。。。。


121111_165911.jpg



さっき帰宅したらポストにアルバム「糸車」の3枚目が・・・。
もう一度あの日を思い出しながら
今うっとりと聴いています。


2012/11/05(月)
「ぼくに炎の戦車を」という演劇を見に行ってきました。
あのSMAPの草彅君が主演の演劇です。
チャ・スンウォンという韓国の俳優さんが出ていて
友人に誘われて行ってみたのだけれど。

会場は赤坂のACTシアター

20121105.jpg



舞台は日本統治下の朝鮮半島
そこで同じ朝鮮人の中でも特に差別されていた
旅芸人の人々と日本人教師の熱い心の交流の話
と言ってしまったら、きれい事かな・・・

朝鮮半島に伝わる伝統芸能の世界。
朝鮮の人々に暴力を振るう日本の官憲も出てくる。
かの土地に根付いて逞しく生きていこうとする人々も出てくる。
反日の旗を振って行進する人々も出てくる。
苦悩し、そして、紆余曲折を乗り越えて、
手を取り合い涙する二つの国の人々も。

日韓両国の若手の人気俳優に、演技派の熟練した俳優を加え
感動の舞台だった。
涙を抑える人もたくさんいた。
特に、香川照之の演技が秀逸!!

カーテンコールで両国の俳優さんが肩を組み、
手を取り合って出てきた時
客席は皆立ち上がって、演技者達は拍手に包まれた。

ふと思うのは、今この時期にこの物語を上演することの意義。
どの時代にも、いろいろな立場や考えの人が居るものだけれど
全てを乗り越えて人間として繋がり合うことの意味。
隣にいるこの人と分かり合い愛し合いたいという願い。
勇気を持って演じてくれた彼らに、心からありがとうと言いたい。

この後、舞台は、今年の暮れには大阪を回り、
来年の初めには韓国で上演される予定とか・・・。

ぜひ韓国でもう一度見てみたい。
かの国の人々の反応を見てみたい。
出来ることなら、一緒に涙を流し感動を分かち合いたい。。。
ケンチャナヨ・・・きっと分かり合える・・・

 | Copyright © 同じ空を眺めながら・・・ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド