再生の時 

2月17日、日曜日、渋谷PLEASURE PLEASURE

中村耕一さんの復活のLIVE に行ってきた。
行こうかどうしようか迷ったけれど、
でも、人伝の噂などではなく自分の目と耳で、確かめたかったんだ。。。

濃厚なLIVE…そんな気がした。

彼は何度も何度も深々と頭を下げていました。
3年間の思いも長々と語りました。

決して納得できるものではないけれど、
あらゆるしがらみのないところから再出発したかったんだろうなと、思いました。

そして、それでも尚、歌いたかったんだろうなと、思いました。

彼の頬には涙と汗が混ざっていました。
胸に無敵バッチを着けていたのはちょっと引きましたが、
彼にしたら仕方なかったのかな?

矢野さんのプロデュースだって。
あちこちに感じられる彼女の影がたまらなかったけど、
それもまた、今の彼にとっては……。

最初は斜めから見ていた私ですが、最後は拍手を送りました。

JAYWALKとはもう別物の、中村という歌のうまい人でした。

座席はほぼ埋まってました。
当日券がかなり出てたから、
予約したのに引き取られなかったチケットは
はけたんでしょうね。


良いライヴでしたよ。
今は中村耕一の再生を見れて、良かったと思っています。




とりとめない感想でした。。。





そしてやっぱり、思ってしまう・・・
生きててくれたら、なんだって出来る。
生きててくれたら、それだけでいい。。。。





関係ない話ですが、今日、ソウル地検に
ヨンハの元マネージャーが「詐欺・横領・窃盗」容疑で起訴されました。
あれから、2年半
吐き出しようもない、やりきれない思いを抱えて、
長い長い時間でした。


嬉しくて、悲しくて、悔しくて・・・・・
やっぱり、生きていれば
どんな形でも再生できたのに・・・・・