スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニライカナイ 

「ニライカナイ」とは、海のかなたにある理想郷のことだそうです。

冬でも落葉しない、緑の木々の向こうに見えるいつでも青い海
その海の向こうに、理想郷があるという、古くからの言い伝え


aaa-P1320396.jpg



今も静かにひそやかにそんな信仰が続いている・・・
ユタという人の存在や、多くのパワースポット
沖縄の歴史や文化を知れば知るほど
ますます興味深く、引き込まれていきます。

沖縄にはそんな神秘的な部分がたくさんある様な気がする。

那覇などの大きな都市にいるとあまり感じませんが
少し町を離れると、大きな「気」のようなものに包まれているような気がするのは
私だけでしょうか・・・

aaa-P1310695.jpg

そこらじゅうに見かけるガジュマルの木
これもとても不思議な形をしています。。。
強い生気が感じられます。

aaa-P1310821.jpg



はるか海の彼方の理想郷を夢見ながら
太平洋戦争の激戦地、沖縄で多くの人が命を落としていった
そのことも、この島を包む「気」に関係あるような気がしたりするのです。。。


ひめゆりの塔はあまりにも有名ですが、それは多くの悲劇の中のたった一つ

山ほどある悲劇の一つ一つを目のあたりにし、耳にすると言葉を失います。

言葉にすると上っ面だけになりそうで、
うまく言葉にできないから、ぜひ、行って見て欲しい。。。。


aaa-P1310762.jpg


その中の一つ、ここは沖縄県平和祈念資料館
ただ静かに、ただひたすら、戦争の悲惨さを訴えている。。。


aaa-P1310729.jpg


aaa-P1310752.jpg


このプレートの一枚一枚にびっしりと犠牲者の名前が刻まれています。
他県に比べて、沖縄県民が多く、女性の名前が多い。
それは、民間人がほとんど犠牲になったということ。。。。


そんなことをすべて飲み込んで、青い海と青い空が広がっている。。。

だから、この海の色はこんなにも美しいのかと、そんな気さえした。


この記事へのコメント

>そんなことをすべて飲み込んで、青い海と青い空が広がっている。。。

平和祈念資料館、「本土の人に絶対ここは見てほしい」と沖縄の友人は言いました。
美しい沖縄、悲しく苦しい沖縄、すべて静かに飲み込んで優しく明るく笑ってくれる友人でした。

私ね、西表まで行ったよ。
石垣、久米島、、、、思い出すなあ。

~chiyoさん~

サイパンやグアムもそうだけど、
マリンリゾートっていう顔だけでない傷跡も持っているよね。
それは、とても重い歴史の責任。。。
どんなに苦しくても、辛くても、きちんと見つめないといけないと思いました。

西表?
まさか、住んでいたの?
本島?
どの辺にいたのかな???

また行きたいよ!!!

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rurikakesu0215.blog66.fc2.com/tb.php/294-e9f47e18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。