スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう。さよなら。。。 

赤レンガの二日後。。。

ご報告します。
猫のゆきが天国にいきました。
術後、辛い抗癌治療の吐き気や下痢にも耐えました。

ご飯が食べられず、食道チューブから3~4時間おきに栄養とお薬を送る毎日でした。

動けなくなり、抵抗力も落ちてきたので
両手足に褥痕ができました。
でも、よろけながらも立ち上がってお気に入りの場所で過ごしました。

私はゆきの変化に気付けるよう、
夜はずっと、ゆきのそばで板の間で眠りました。

最後の晩、私に体を寄せてきて、
じっと大きな目でこちらを見ていたのが忘れられません。
何かを訴えたかったのかな……

翌朝、急変しそのまま逝ってしまいました。

人間と一緒です。自然な動物の死ではなかったかもしれないけど
私達家族には必要な時間でした。
2ヶ月間、濃厚な時間を過ごしました。
ゆきを囲んで、みんながそれぞれの15年間を噛み締めた時間でした。

真っ青に晴れ上がった夏の終わりの朝
ゆきはお空に帰りました。
絹雲が、飛行機雲みたいで
遥か上空を飛ぶ旅客機の白い機体が光って見えました。

そんな訳で、我が家の末娘はもう居なくなりました。
時々、首の鈴の音やコトンと飛び降りる音が聞こえる気がします。

ありがとうって言葉しかない……
家に来てくれて、我が家の子になってくれて、ありがとう。。。

15年間折々にお世話になった動物病院から
白いトルコ桔梗の花束が届きました。
すっごくいい先生でした。

全てのことに感謝、感謝……そして涙……です。


aaa-P1250561.jpg

aaa-RIMG2654.jpg


ゆき、また会おうね。。。

この記事へのコメント

No title

るり。さん

赤レンガの日にお会いして、ゆきちゃんの話をしたところだったのにね。
逝ってしまったんですね。
最後に伝えたかったのは「ありがとう!」ですよ、きっと(^_-)
私も猫2匹と暮らして1年。
まだまだやんちゃ盛りなので大変ですが、一緒に暮らして良かった!と、つくづく思う毎日です。

~KUMIKOさん~

そうですね。
物言わぬ動物たち、でも、目で語りかけてくれました。
ずっと家族ですよ・・・。
今でも、朝に晩に、写真のゆきに
「行ってくるよ」「ただいま」と、
語りかけています。

家の子になってくれて、ありがとうって思っています。

KUMIKOさんちの猫ちゃんたちに
会ってみたいな。
暖かい優しい時間をたっくさん過ごされますように・・・。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rurikakesu0215.blog66.fc2.com/tb.php/317-2a0064ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。